2008年1月からオランダに住み始め、妊娠、出産を経てドイツへ引っ越し。ドイツでの生活や子育て、日々の出来事を大切に書いていきたいと思います。


by atsukomin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

金太郎と真ダニ

先週の金曜日は、長男の幼稚園にプロのカメラマンが撮影に来るということで、何かコスチュームがあったら着せてきてね、と先生に言われていました。
うーん、、考えた末、日本の友人からもらった金太郎エプロンを付けていきました。
f0197464_18521542.jpg

ん?ケンカが強そうになったでしょ。気は弱いんですけどね。
学期末に1年間の写真の撮り貯めを幼稚園で販売してくれるようで、長男の幼稚園での様子と成長が見れるかと思うと楽しみです。

そして次男は。
金曜にzecken(真ダニ)に刺されてしまいました!!!
zecken(ツェッケン)とは私たちが住む南ドイツでは有名なダニです。
普段は(主に夏場)日陰の草むらに生息していて、飛ぶことはできず近くを通った動物や人に寄生するらしいです。
まだ我家の庭のテラスに日向ぼっこで少し出たことしかない新生児が刺されたか、、全く謎です。
まあ、我家の周辺は緑だらけ、草むらだらけなので、誰がどう運んできてもおかしくないか、、。
友人から話は聞いていたものの、実際に見たことがなかったため、すぐに気付けなかったのが次男に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
助産婦さんが家に検診にきてくれたときに気付いて、すぐに病院にかけつけました。
オットも私も心配で心配で。でもドクターは、「今のところ深刻な状態ではないので、もし1、2週間後に赤い斑点が出たらもう一度受診してください」とあっさり言われてしまいました。ドイツではよくあることのようです。
Zeckenには何らかの病原菌を持ったものが多く、何の病気を運んだのかは、発病するまで分からず、一年後に発病する人もいるらしいので刺されたことは常に覚えておかねばいけないようです。
この辺りに住む人は、大人も子供も予防接種を受けている人が多いようで、草むらを歩くとしても、長ズボンをはき、さらにその裾を靴下に入れておけばZeckenの侵入を大概防御できるとの話です。
これからは、子供達が(大人も)森や草むらで遊んできた後などは、服や体を必ずチェックしようと思います。次男の体に斑点がないかも毎日チェックです。
それでも穏やかな次男は、いつもながらよく飲んでよく寝て、起きている間も静かです。
どうか無事でありますように!(と願うしかないです)
f0197464_1928299.jpg

[PR]
by atsukomin | 2010-06-28 19:43 | ドイツ