2008年1月からオランダに住み始め、妊娠、出産を経てドイツへ引っ越し。ドイツでの生活や子育て、日々の出来事を大切に書いていきたいと思います。


by atsukomin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自信

長男のインターナショナルスクールが始まってから4週間目の水曜日からやっと、送り迎えの際に泣かなくなりました。
やっと、自信をつけたようです。
私が一番ほっとしています。。。
悩み相談させて頂いた方々、ありがとうございました。もう大丈夫です。
「ママ、僕がもう少し大きくなったら、ママとパパとC(次男)に学校で習ってきた英語、いっぱい教えてあげるからね!」とか、次男に「Cちゃんも来年から行くんだよ、泣かないでね。僕がいるから大丈夫だから。」と自信満々に言ってくれた時は泣きそうになりました。
やっと、先生のことも信頼し大好きになって、お友達もでき始めたようです。
長男がクラスで一番最後まで大泣きしていたものの、それでも子供は早いですね。羨ましい限りです。
幼稚園は1クラス11人編成で、主任の先生が1人ついて、アシスタントの先生も必ず毎日1人つきます。
幼稚園ですが、体育や音楽やアートやドイツ語や図書などの時間割があって、ずっと同じ先生が教えてくれるのではなくて、教室を移動してスペシャリストの先生が教えてくれます。
そういうのも刺激があるし、とにかくどの先生も好きになってきたようです。
お友達は、いってもまだ3歳児の集団なので、まともに一緒に遊ぶことは難しいようですが、それでも、誰々がどうしたとか、誰々とこんなことしたとか、話してくれます。
クラスの子供たちの間では、長男は有名?らしく、名前が覚えやすいというのもありますが、最後の最後まで大泣きしていたので、皆の印象に残っているようです。
クラスママたちから「うちの子が家でT、T(長男の名前)って話すのよ〜。Tのことが好きみたい」とよく言われます。どういう形であれ、皆に好まれることはいいことです。
この笑顔が戻ってきました。
f0197464_8445613.jpg

しかし、新しい学校に変わったといえど、長男のガールフレンドは変わらず前の幼稚園のK。日々お互いに忙しいのですが、たまにプレイデートします。
Kは、年上でかわいくて、ほんとに面倒見が良くて、しっかりしていて、家にお花を生けたり、色んなものをコーディネートするのが好きだったり、「Kだったら結婚していいよ!」と思わず言ってしまったほどです。
f0197464_8374974.jpg

これからも仲良くしていく予定なので、将来が楽しみ(笑。ママもすっごくいい人で長いお付き合いができそうです。
次男も家族の前ではすごくお調子者。知らない人と一緒だと、長男と同様すごく恥ずかしがりやなんですがねえ。
f0197464_8471848.jpg

最近はスパイダーマンとかウルトラマンとか、そういうのが好きなボーイズ。
f0197464_850201.jpg

パパ作のお面をかぶって得意げ。がんばれ、子供たち!!!
f0197464_853385.jpg

[PR]
by atsukomin | 2012-09-30 09:35 | ドイツ