2008年1月からオランダに住み始め、妊娠、出産を経てドイツへ引っ越し。ドイツでの生活や子育て、日々の出来事を大切に書いていきたいと思います。


by atsukomin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 17 )

長男7歳になる

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by atsukomin | 2015-11-10 17:41

続き

お正月には日本に戻れなかったので、せめて日本の味を、、ということで、義父母さんから手作りの干し柿やつきたてのお餅を日本から送ってもらって美味しくて幸せでした。感謝。また日本のお正月にも帰りたいなあ。。
f0197464_357477.jpg

雪が積もっていても、太陽が顔を出すとグリルをしたくなるようになって、すっかりドイツ人化している我が家。
f0197464_485935.jpg

オットさんはお仕事以外に家でも手先の器用さを発揮しています。
これは、次男の幼稚園の担任の先生のお誕生日に私がケーキを作ったのですが、その上に飾るための先生のフィギアを作ってくれました。シュガークラフトです。そっくりすぎて、先生も「こんな素敵な誕生日ケーキをもらったのは初めて^o^」と大喜びしてくれました。
f0197464_4292441.jpg

かと思えば、スポンジ素材でドラえもんを作ってみたり。色んなものを子供達と工作するのですが、一番夢中になっているのは間違いなくパパ!
f0197464_43429.jpg

そしてこんな真冬でもかき氷。。頂きもののフレッシュりんごジュースを凍らせて。家の中は暖かいといえど、見てるだけで寒い。
f0197464_437267.jpg

食べることで最近ヒットだったのは、ミュンヘンで食べた和牛しゃぶしゃぶ。久々に美味しかった〜。
やっぱり牛はこうでなくっちゃ!和牛が輸入できるようになったとかで、ミュンヘンの百貨店で買う事もできます。100グラム14.2ユーロ。もっと近かったら毎日買うのに(笑!
f0197464_4421031.jpg

あとは友達の料理人さんが差し入れしてくれたトロ!これまたよかったです!
f0197464_4463520.jpg

長男さんは早くも6歳で乳歯が6本抜けて永久歯がどんどん生えてきています。髪の毛と歯の成長の早いこと!
f0197464_44996.jpg

心配性で石橋を叩いて渡る長男さん。例えゆっくりでも確実に色んな事を理解しながら前進していますね!私みたいに後先考えず突っ走るタイプでないので汗、いつも勉強になります。小さい頃から本が大好きで、そこは絶対にぶれない。将来は学者になるのだそう。母も少しでも支えになれるようにいつも応援しています!
f0197464_457113.jpg

次男はクラスでも堂々たるものらしく、、2人目というのは要領よくこなしていくんですよねえ〜。
先日、クラスで唯一の日本人のお友達が日本帰国が決まり、転校していきました。心細くなるかな?なんて思ってみたりもしましたがなんのその。去った後も、その子のことを口にすることもなくさっぱりしている次男さんでした。
子供達にとって、海外で育っていく利点もたくさんあるとは思いますが、大変な部分もそれ以上にあります。日本語に英語にドイツ語。それだけで大変ですよね。。
父も母もあなた達の橋の架け渡しのお手伝いが少しでもできるようにと願っていますよ。共にがんばろう!
[PR]
by atsukomin | 2015-04-13 05:07

2014年12月

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by atsukomin | 2014-12-19 10:29

4年ぶりのオランダ。

さてさて、アムスに着きました。
思ったより早く着いたので、友達の家に行く前にHEMAへ。
なぜかオランダにしかないHEMAというお店。日用品から食料、衣料、子供用品、キッチン用品まで、まあとにかく何でも揃うのです。そして安い割にデザインも可愛いものが多いのでおすすめです。
久々のHEMAにテンション上がりながら、友達の家へ。
今回、オランダ×日本人夫婦の2人にほんとお世話になりました。3泊もさせてもらって、色んな話もできて楽しかった。オランダ時代、たまたま近所に住んでいて、出産時期も同じくらいで、2人目も同じくらいに出産。お互い昔はバリバリの体育会系でどこか通じ合うところがあって。同じ海外で、同じ歳の子供達を育てる同士としていつもパワーをももらえる存在。今回は、生で一緒に子育てして、いい刺激をもらえました!彼女はフルタイムで働きながら、しっかり意志を持って子育てしていて、体力的にも精神的にも強い!これからもいい友達でいてね!私も刺激を与えられるような母になれるようにがんばる!子供達の成長も一緒になって楽しめるっていうのもいいな。ほんと人とのつながりに感謝☆
0歳児の時の2人はこんなだったのに、成長したね〜(涙
f0197464_99957.jpg

兄弟も増えて、すっかりお兄ちゃんお姉ちゃんになって(涙。思った以上にみんな遊んでくれたからよかったよかった。
f0197464_8164765.jpg

そしてオランダといえば、パンケーキ。
f0197464_8221212.jpg

ボス公園の中のやぎ牧場へ。最近までお乳を飲んでいた子がお乳をあげるとは成長したね〜。
f0197464_8381487.jpg

そしてこちらは合成写真じゃありません(笑。ヤギが遊んで欲しそうにシーソーに乗るんですから。
f0197464_8452898.jpg

長男のこのポーズのとりかたは、、、この歳にしてきまりすぎてこわい、、笑
f0197464_8304195.jpg

あとは、アムステルダム駅すぐそばの図書館が当たりでした!
デザインも気持ちいいし、子供が(大人も)素直に楽しめる空間。中に入ったら、バックパッカーの若者男子がピアノを弾いていて驚きました。ピアノを弾ける人は30分だけ自由に弾いていいのだという。図書館という静かな空間にピアノ。。その音色はその静けさゆえに、すごく美しかったです。そういう考え方が日本じゃありえないし、まず図書館にピアノを置くっていうことは思いつかないだろうな。すごい。
子供の階はただ本を読むだけの空間ではなく、つい走って遊んでしまいたくなる、そしてちょっと疲れたら本を読んでね、みたいな緩い感じがよかったな。雨だし、つい長居したのでした。
f0197464_9242864.jpg

そしてオランダといえば、Coffee Shop。合法のドラッグを吸える場所。。そんな場所でも子供も普通に入って行けるっていう感覚がこれまた好きです。友達の友達のスーパーマン(一切鍛えていないのに昔から筋肉モリモリらしい)に抱っこされてご満悦な長男さん。スーパーマンになりたい!と目を輝かせていました。
f0197464_8341179.jpg

最終日はまた雨でしたが、負けじと街に出かけ、気に入った雑貨や洋服を買えてよかったです。しかし、長男はその晩から腹痛(激痛)を訴え、おそらく今思えば急性胃腸炎?のようなものにかかり、一晩中痛さでうなされ、私たちもほとんど1睡もできない状況で、本当に辛い思いをさせてしまって反省しました。ごめんね。。
ということで、最後は苦い思いをしたので、またそのうちにリベンジして行くことにしましょう!!!
Y&Mちゃん、そしてC&F、私たちを暖かく迎えてくれてありがとう!楽しかった!
アムスでよく見かける落書きの前で、次男は終始元気でいてくれたのでありがたかったです。
f0197464_9321118.jpg

[PR]
by atsukomin | 2013-06-03 09:40

始まりました2013!!!

新年明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いいたします。
我が家のクリスマス、年越しは日本ではなく、イタリアのミラノで過ごしました。
うちから車で7時間、オットさんがんばりました。
往きは中間地点のBregenz(オーストリア)で一泊し、無理なくアルプスを越えてミラノに到着しました。
f0197464_2055917.jpg

イタリアと言えばピザ。安くて美味しかったです。生地が最高。
f0197464_208071.jpg

今回の目的のひとつ、オットさんが12年前に出会った家族(M&A)との再会。
f0197464_2018032.jpg

4年前オランダで会って以来。息子のDも8歳になって、面倒見のいいお兄ちゃんになっていました。人見知りの激しい長男と次男もDにはすぐに馴染んで驚きました。しかもあちらはイタリア語、長男は英語、次男はドイツ語でコミュニケーションをとっていました!子供はすごい!もうひとりの男の子はMの孫のM。ここにもうひとり1歳のベイビもいて、子供男5人ですさまじかったです(汗。
f0197464_20113380.jpg

ささっと作ってくれるパスタがなんとも美味しいのです。色んな料理を作ってもらいましたが、私が感じたのは、イタリアは素材が美味しく素材にこだわる。ソースがうんぬんより、美味しいオリーブオイル、塩、麺、魚介。素材の味を生かしてささっと料理。日本人と似た感覚がうかがえました。
それから、今回泊まる家を貸してくれたイタリア人の新婚夫婦S&I。彼らはオットさんのお友達で日本にハネムーン中。その間新居を貸してくれたのです。とても広くて素晴らしい家でした。ミラノに着くと、新婦Iの両親がお出迎え&鍵を渡してくれました。しかも手作りのミネストローネスープを作ってくれているではありませんか。心温まる人々に恵まれ感謝です。
f0197464_20263156.jpg

そして新郎Sのお兄ちゃんのD。日本好きで日本語も少し話せます。日本に2回行ったことがあるようで、また行きたいとのこと。
f0197464_2023735.jpg

その奥さんのS。彼らにも今回とてもお世話になりました。
クリスマスランチにSの実家におよばれして、イタリアの家族で過ごすクリスマスを私たちにも共有させてくださいました。
f0197464_20332145.jpg

ママと娘達が料理はパネトーネ以外全部手作り。実に色んな料理があって、、前菜から合わせると10種類以上はありました。写真がなくてすみません。パパが全ての料理を笑顔でみんなに取り分けていくという。
とにかくみんな温かくて、美味しくて、感動しました。
帰りにパパが飼っている蜂さんのハチミツを2種類お土産に頂いてまたそれも印象に残りました。
f0197464_20372224.jpg

とにかくずっと食べ続け、飲み続け、、、お腹ぱんぱん。
それでも、M&Aの家族の方のクリスマスディナーへ誘われていたのでそちらに移動。
これまた温かい家族がお出迎え。オットさんは12年前に会った人々との再会に感動。
そしてまた山ほどの料理、、とワイン。。私はお寿司レッスンをして、みんな喜んでお寿司を食べていました。
f0197464_20422580.jpg

前菜数種、2種のラザニア、メインはこの鶏肉と野菜のロール。ソースも美味しくてどうやって作るか聞いたのですが、飲み過ぎて覚えていません、、笑。
そこにまたフルーツやパネトーネととにかく盛りだくさん。日本のお正月と一緒ですものね。一年で一番大事な日。家族が集まる日。よく食べ飲む日。よく喋る日。納得です。
それから、ドイツはビールが有名でビールばかり飲んでいますが、イタリアはワインの国。
今回美味しいワインを山ほどのませて頂きました。前菜にはこのワイン、パスタにはこれ、メインにはこれ、ドルチェにはこれ、というようにとにかくこだわります。
今回、イタリア人のこだわりの精神というものもいたるところに感じました。
料理に関するそれもそうですし、家の中もすごく綺麗。ただ気になったのは街中の道はドイツと違ってすごく汚いこと、、そこは汚くていいんですね笑。
長過ぎるので、次回に続く→
[PR]
by atsukomin | 2013-01-05 21:05

東北太平洋沖地震

3月11日、朝起きて日本のテレビを見ると、、
そこには信じられない映像が生々しく映っていて、何?何?何?地震?!え?!
2日経って、ずっとNHKを見ていますが、その被害の大きさ、悲惨さに涙しています。
まずは、多くの方々にご冥福をお祈りし、被害者の方々に御見舞い申し上げます。
今なお、被害が拡大し、取り残されている人々も多数とのこと、どうかひとりでも多くの命が助かりますように心からお祈りしてております。
[PR]
by atsukomin | 2011-03-13 18:20

part2

今週は雨や曇り続きです。おじいちゃんはこの田舎にも慣れてきたものの?!お疲れ気味です。
とにかく、隣でいてくれるだけで精神的にも助かっていて本当に感謝しています。
先週は天気が良くニュルンベルグ動物園へ。平日だったのですいていて気持ちよかったです。
f0197464_21172324.jpg

f0197464_22193861.jpg

f0197464_2230611.jpg

f0197464_22323529.jpg

ニュルンベルグの交通博物館は大人も子供も楽しめる穴場です!
f0197464_2239418.jpg

私の好きなバンベルグはおじいちゃんも気に入ったようです。
f0197464_22422133.jpg

ドイツ料理、、塩辛いです!
f0197464_2235527.jpg

[PR]
by atsukomin | 2010-11-20 22:43

ソーセージ

そしてドイツといえば、ソーセージ。
あちらこちらにソーセージ屋さんがあります。
色んな種類のソーセージやハムがあるので迷ってしまいます。
精肉コーナーにあった一番売れてそうなものを買いました。
焼いて食べましたがとってもフレッシュ!
新鮮な豚肉が詰まっていることがよくわかります。
ハーブもきいていて美味しかったです〜
f0197464_15315975.jpg

[PR]
by atsukomin | 2009-06-28 15:33

サボテンのリキュール

マルタには道行く所でサボテンが咲いています。
そんなマルタ島にちなんで、サボテンの花のリキュールがありました。
どんな味がするのか楽しみです。
f0197464_1041599.jpg

[PR]
by atsukomin | 2009-04-18 10:43

マルタ島に残るマルサシュロックという漁村には、カラフルで目のついた漁船が並んでいます。
災害や海の邪悪から船と乗組員を守る目なんだそうです。
f0197464_5463723.jpg

[PR]
by atsukomin | 2009-04-17 05:52